シリアライザブルなラムダ式

ラムダ式は Serializable にできます。

//キャストしたり
Supplier<String> s = (Supplier<String> & Serializable) () -> "x";

//メソッドであれしたり
<T extends Supplier<String> & Serializable> void consume(T supplier) { ... }

で、シリアライズできるぞー、と思ってこんなコード書いて、

import java.io.ByteArrayOutputStream;
import java.io.IOException;
import java.io.ObjectOutputStream;
import java.io.Serializable;
import java.util.function.Supplier;

public class Sample {

    Supplier<String> get() {
        return (Supplier<String> & Serializable) () -> toString();
    }

    public static void main(String[] args) throws IOException {

        //↓シリアライザブルなサプライヤー
        Supplier<String> s = new Sample().get();

        //シリアライズしてみる
        ByteArrayOutputStream baos = new ByteArrayOutputStream();
        try (ObjectOutputStream out = new ObjectOutputStream(baos)) {
            out.writeObject(s);
        }
    }
}

実行すると、

Exception in thread "main" java.io.NotSerializableException: Sample
    at java.io.ObjectOutputStream.writeObject0(ObjectOutputStream.java:1184)
    at java.io.ObjectOutputStream.writeArray(ObjectOutputStream.java:1378)
    at java.io.ObjectOutputStream.writeObject0(ObjectOutputStream.java:1174)
    at java.io.ObjectOutputStream.defaultWriteFields(ObjectOutputStream.java:1548)
    at java.io.ObjectOutputStream.writeSerialData(ObjectOutputStream.java:1509)
    at java.io.ObjectOutputStream.writeOrdinaryObject(ObjectOutputStream.java:1432)
    at java.io.ObjectOutputStream.writeObject0(ObjectOutputStream.java:1178)
    at java.io.ObjectOutputStream.writeObject(ObjectOutputStream.java:348)
    at Sample.main(Sample.java:17)

例外です!

これはラムダ式で Sample クラスの toString メソッドを呼んでいるため Sample がキャプチャされますが、 Sample はSerializableでないため例外が出ます。

Supplier<String> get() {
    return (Supplier<String> & Serializable) () -> toString();
}

キャプチャというのはラムダ式内でラムダ式のスコープの外側の変数を参照した場合にラムダ式の実行環境に持ってくるっぽい感じのあれです。

キャプチャされているインスタンスは SerializedLambda から取ってこれます。 SerializedLambda はprivate finalな writeReplace メソッドで取ってこれます。 取ってこれるからと言ってカジュアルに呼んで良いメソッドではないです。 writeReplace については Serializable のJavadocに書いてあります。

こんな感じで SerializedLambda とキャプチャしたインスタンスを取ってこれました。

Supplier<String> s = new Sample().get();

Method m = s.getClass().getDeclaredMethod("writeReplace");
m.setAccessible(true);
SerializedLambda sl = (SerializedLambda) m.invoke(s);
for (int i = 0; i < sl.getCapturedArgCount(); i++) {
    System.out.println(sl.getCapturedArg(i));
}

この辺りをもっといじくりまわすと面白い事ができそうな気がしなくもないですね!

まとめもオチもない

とりあえず Sample クラスは Serializable をimplementsしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加