東京でDoma勉強会やったぞ!!! #doma_tokyo

Doma 作者の 中村さん 、 Domaヘビーユーザーの がくぞさん と一緒にDoma勉強会を東京で開催してきました!!!

スライド

私のスライドはこちら。 2本、話させて頂きました。 Domaの主要な機能を私なりに紹介した発表と、ドメインクラスで型最高!という発表です。

がくぞさんのスライドはこちら。 collect検索の活用方法、なるほど感すごかったです。 真似させてもらいます!

そして、中村さんのスライドはこちら。 Doma開発のスタンス、我々ユーザーとの向き合い方に感動しました!!

「LTやってよ!」ってさらっと無茶振りしたのに見事に応えてくれた 多田さんやんくさん もありがとうございました!

TLへのリアクション

内容については、他の方々のブログにお任せするとして、ここからは当日のTLから幾つかのツイートをピックアップして、リアクションしたいと思います。

これです!

通常のSELECT文をページネーションするクエリや、 悲観排他するクエリに変換する際にRDBMSの方言を吸収するためのものですね。

ページネーションはH2なら offsetlimit を使うけど、Oracleなら rownum を使うし、悲観排他はOracleなら for update を使うけど、SQLServerなら with(updlock) を使う、といった感じです。 この辺をDomaの中で吸収してくれるのが Dialect です。

そうです。 Domaは SelectOptionsoffsetlimit を指定する事ができます。 他にも悲観排他、それからカウント取得なんかの指定もできます。

これは私の誤りのようです。 Mavenプロジェクトなのか、Gradleプロジェクトなのか、そういった違いにもよるのかも知れませんが、少なくともMavenプロジェクトだと何も不都合なく使えるようです。 NetBeans、ごめんなさい。

Domaはエンティティのフィールドを直接見に行くのでアクセサメソッドは不要です。

仰る通り、共通項目だけを持つ基底クラスとなるエンティティを作る必要があります。 基底クラスがあればエンティティリスナーは1つで良いので、楽といえば楽です。

これは後日、サンプルを作ろうと思います。 (私のGitHubリポジトリを漁ったら既にあるかも知れませんが)

ページネーションは SelectOptionsoffsetlimit で指定します。 Stream 検索はあくまでも ResultSet.next してエンティティにマッピングする処理を Stream で表現しているだけです。

Stream を返すためではなく、他の事に心を込めような!!!

……と、冗談はさておき、元々はSpring Batchの ItemReader では ResultSet.next がメソッドをまたぐ必要があるため、それに対応しやすいように入れられた機能です。 通常は使う機会は無いと思います。

これも後日サンプルを書いてみようと思います。

Spring BootではないSpringでも使えます。 実装には doma-spring-boot-autoconfigure が参考になると思います。

Domaが必要とするのは DataSource だけですので、SpringでもJava EEでもJava SEでも、基本的にどこでも使えます。

使えます。 やってる事は単純で Connection.setAutoCommitConnection.commitConnection.rollback を組み合わせてトランザクションを行っているだけです。 あとは ThreadLocal を利用してトランザクションの期間中 Connection をスレッドに紐付けています。

LocalTransactionDataSource まわりのコードは小さいので、読んでみるのも楽しいですよ!

@Transactional はJava EEやSpringといったコンテナの機能で、Domaはサポートしていません。 Domaの範囲からは逸脱すると私は考えます。

とはいえ、例えばGuiceのような軽量コンテナであってもインターセプタの機能を有しているので、 Domaのローカルトランザクションと組み合わせて宣言的トランザクション機能を自作することは可能です。

これも後日サンプルをGuiceとDomaで書いてみますね。

シュンツさん、ありがとうございます!!!

ソッコーで実装されててわろた。

ですね、よくわかります。 (なのでわがまま言うつもりはありません)

確かに、ドメインクラスを推進するとクラス数は多くなりますが、型の恩恵を受けられるメリットの方が大きいと私は判断しています。

フレームワークや共通部品のような抽象的な層なら getValue へのアクセスを許可します。 テンプレートにドメインクラスを渡す場合はコンバータを書きます(例えばJAXBの XmlAdapter )。 その際、コンバータには getValue へのアクセスを許可します。

ありがとうございます。 本当に嬉しいお言葉です。 イベントを開催して良かった。

蛇足:DDDとの対比(個人的な見解)

ドメインクラスという名前のせいか、DDDに関係するのかな?といったツイートを見かけた事がありますが、DomaはDDD用のフレームワークではありません。 しかし、DDDで語られる各要素がDomaで言えば何なのかを考える事はできます。

個人的には次のように考えています。

  • Domaの「テーブルと1対1にマッピングするエンティティ」は、DDDの「エンティティ」に相当する
  • Domaの「検索結果にマッピングするエンティティ」と「ドメインクラス」は、DDDの「値オブジェクト」に相当する

懇親会について

今回、懇親会の企画はしていたのですが、参加者を募集しませんでした。 これは、本当に私の我儘でして、中村さん、がくぞさんと私自身がたくさん話したい!と強く思っていたので、広く募集はせずにスタッフと最後まで残って会場の現状復帰に付き合ってくれた方々数名だけとさせて頂きました。

我儘を通した甲斐があって、楽しい夕食の時間を過ごさせて頂きました。

イベント会場であるdotsについて

ほんまそれ。

最高でした! 勉強会を開催したい方には、会場候補におすすめします!

謝辞

このイベントを開催しようと思ったきっかけは、春に東京へ遊びに行った際、一緒に晩御飯を食べてくれる人を募集したらがくぞさんが来てくださったところから始まりました。 がくぞさんが「一緒にやりましょう」と言ってくださったので中村さんにもお声がけする勇気が出ました。 がくぞさん、本当にありがとうございました!

同じく、その晩御飯の席に参加してくださっており、会場としてdotsを挙げてくださった とーますさん にも感謝です! dotsに関する事のサポートや、懇親会のお店の手配をしてくださり、ありがたかったです。 晩御飯、美味しかったー!

それから、運営の手伝いを買って出てくださった多田さん、やんくさん、ありがとうございました! 無茶振りのLTにも応えてくださり、イベントがより華やかになりました!

そして、中村さん、突然お声がけしたにも関わらず登壇を快く引き受けてくださってありがとうございました! ずっと以前からお会いしたくて、でもきっかけが無くて、がくぞさんのおかげで勇気を出せて、お声がけして、ようやくお会いできました。 本当に、本当に嬉しかったです!!!

あと、友人(と表現させてください)の しょぼちむ、 うがさん、 てんてんさん、 ちっひー、 はすぬまさん、 @suzukijさん、 Denさん、 まめぴー、来てくださってありがとうございました! 中村さんの前での発表はこれでもか!!!ってぐらい緊張していたけど、みんなが居ると思えばこそ最後まで発表できた気がします。

シュンツさん、来てくださってありがとうございました! 参加登録者を見て、密かに「お会いできる!」とワクワクしていました。 お会いできて嬉しかったです!

最後になりますが、参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました! 皆さんのおかげでイベントが賑やかになり、楽しく過ごす事ができました。

本当に楽しい、夢のような1日でした。

みんなで撮った集合写真は、MBPのデスクトップを飾っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加