GitHubで毎日草生やし続ける運動を終了する

GitHubで毎日草生やし続ける運動とは

GitHubはコミットしたりプルリクするとプロフィールページのタイルっぽいやつが緑になります。 緑になるから「草を生やす」って比喩してるんですけど、それを毎日続けて緑で埋め尽くそうというものです。

進捗

7月最後の週ぐらいに草だらけになりました。

Slackでわざわざ報告している図。

それからも毎日草生やしてたので400日ぐらいは継続できていると思います。

なぜやろうと思ったか

三十路になって「これからもコードを書いていられるのだろうか?(環境というよりは自分のモチベーション的な意味で)」と思うようになりました。 なので好きかどうか自分自身を試そうかなー、と。

やってみて得たもの

やる前に思ってたよりもずっと楽しんで続けられたので、やっぱり自分はコード書くの好きなんだな、と思えました。これは嬉しい。

あと、大したコードは書けてないですが、サンプルやらビルドスクリプトが溜まってきて何かと役立っています。

なぜやめようと思ったか

「継続」を目的としていたので、書きたいコードが思いつかない日はREADME.mdを修正するといったセコい草もたまには生やしていましたが、もうそうまでして草生やすのは面倒に思えてきました。

それに、読書のような草が生えない活動にももっと時間を使いたいなーと思い始めました。

当初の目標であった一年は継続できたので、やめるのにも未練は無いですし。 (でもなんか気持ちの整理的にやめることは記しておきたくてこのエントリを書いてる)

まとめ

  • コード書くのが好きだと再確認できて個人的には意義がある試みでした
  • 草生やし運動は人によって合う・合わないがあるので特別おすすめはしません
  • 一年後、プロフィールページが不毛の地と化していたら嘲笑ってください
このエントリーをはてなブックマークに追加