HttpServerとJAXBでAPIを組込む

前に小酒さんとJavaのプロセス間通信についてお話しました。

んで、私も監視というかAPIというか、そんな感じのアレを簡易で良いのでサクッと組込む必要が出てきました。 という訳で HttpServer とJAXBでサクッと組込もうと思います。

ほい、サンプルコード。

import com.sun.net.httpserver.HttpContext;
import com.sun.net.httpserver.HttpExchange;
import com.sun.net.httpserver.HttpHandler;
import com.sun.net.httpserver.HttpServer;
import java.io.IOException;
import java.io.OutputStream;
import java.net.InetSocketAddress;
import java.util.Date;
import javax.swing.JOptionPane;
import javax.swing.SwingUtilities;
import javax.xml.bind.JAXB;
import javax.xml.bind.annotation.XmlRootElement;

public class Monitor {

    public static void main(String[] args) throws Exception {
        InetSocketAddress address = new InetSocketAddress(8080);
        int backlog = -1;
        HttpServer server = HttpServer.create();
        server.bind(address, backlog);
        try {
            HttpContext context = server.createContext("/log");
            HttpHandler handler = new LogHandler();
            context.setHandler(handler);
            server.start();

            SwingUtilities.invokeAndWait(new Runnable() {
                @Override
                public void run() {
                    String message = "ダイアログを閉じると鯖終了";
                    JOptionPane.showMessageDialog(null, message);
                }
            });
        } finally {
            server.stop(10);
        }
    }

    public static class LogHandler implements HttpHandler {

        @Override
        public void handle(HttpExchange exchange) throws IOException {
            Log log = new Log();
            log.result = Result.SUCCESS;
            log.timestamp = new Date();

            int statusCode = 200;
            int chunked = 0;
            exchange.sendResponseHeaders(statusCode, chunked);

            try (OutputStream out = exchange.getResponseBody()) {
                JAXB.marshal(log, out);
                out.flush();
            }
        }
    }

    @XmlRootElement
    public static class Log {

        public Result result;

        public Date timestamp;

    }

    public enum Result {

        SUCCESS, FAILURE

    }
}

HttpServerはアドレス渡して準備して、パス渡してコンテキスト作って、ハンドラ登録すればおk。 Java SEでもHTTP鯖立てるの簡単ですね。 わーい。

今回はアプリケーションの処理結果とタイムスタンプを持ったログを返す感じのハンドラを書いてみました。 ログはPOJOで表現していますが、JAXBでXMLに変換してレスポンスに書き出しています。 このハンドラは次のようなXMLを返します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<log>
    <result>SUCCESS</result>
    <timestamp>2013-01-30T23:08:37.482+09:00</timestamp>
</log>

XMLベースのWeb APIなら構築するのは簡単ですね。 わーい。

まあもうちょい多機能なAPIを構築したかったらJerseyを突っ込みますが要件によってはこれで十分かなー、とか思ったりしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加