GlassFish v3.1.2.2でServerヘッダとX-Powered-Byヘッダを返さないようにする

まずはServerヘッダ。

asadmin create-jvm-option -Dproduct.name=

JVMオプションなので設定の反映にはGlassFishを再起動する必要があります。

次、X-Powered-Byヘッダ。

asadmin set configs.config.server-config.network-config.protocols.protocol.http-listener-1.http.xpowered-by=false

こちらは設定は則反映されます。

で、JSP。 default-web.xmlでJspServletを設定しているところを見つけます。 でフォルトではxpoweredByがtrueに設定されているのでこれをfalseにします。

<servlet>
  <servlet-name>jsp</servlet-name>
  <servlet-class>org.apache.jasper.servlet.JspServlet</servlet-class>
  <init-param>
    <param-name>xpoweredBy</param-name>
    <param-value>false</param-value>
  </init-param>

最後にJSF。 web.xmlでFacesServletを設定する際にinit-paramでcom.sun.faces.sendPoweredByHeaderをfalseに設定すると良いようです。 試してない。

このエントリーをはてなブックマークに追加